読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rhのブログ

日々思ったことについて、書くかもしれない

「ストレッチは毎日やるべきなのか?」という問題についてひとり悶々と考える

 ストレッチというものについて考える。

 もっと上の世代はどうだか知らないが、我々ゆとり世代はわりとストレッチと身近に接してきた人が多いのではないかと思う。体育の時間にもストレッチがあったし、運動系の部活動でもちゃんとしてるところなら必ずストレッチをする。自分は文化系の部活にも入っていたが、そこでも毎回始める前にストレッチをしていた。半分運動系に近い部活だったのもあるが。

 しかし最近はめっきりストレッチをしなくなった。なぜか。

 もちろん面倒だとか忙しいだとかいう理由はある。しかしそれだけではないと思う。

 もしそれが目に見えて健康に良いことであれば、誰だって続けようするはずだ。自分もほぼ毎日筋トレをしているし、最近は電動歯ブラシを買って一日二回歯磨きをしている。朝食にはグラノーラにヨーグルトをかけたものを毎食食べている。どれも健康のためというよりは、単に気持ち良かったり美味しかったりして続けているという面が強いが。

 しかしストレッチはしない。していない。それはきっと、ストレッチの効果がイマイチ実感しにくいものだからなのだろう。

 たまーに気が向いたときに久しぶりにやるストレッチは、確かに気持ちいいし、実際に体が軽くなる感触もあったりする。しかし毎日続けていると、だんだん効果が実感しづらくなってくる。

 するとだんだん「これって効果あるのか?」とか、「そもそもストレッチって毎日やっていいものなのか?体に悪いんじゃないか?」というような疑念が心中に湧いてきて、さらにそのうちそんな気持ちすら湧いてこなくなり、単純に飽きてやめてしまう。

 

 よくネットの記事で「たった三分で体が軽くなる簡単ストレッチ!」みたいなのが話題になったりする。確かにそれをやると体が軽くなることもある。

 しかし私が知りたいのはそういうことじゃない。ストレッチの方法なんてググればいくらでも見つかる。

 私が知りたいのは、「ストレッチは毎日やるべきなのか?」ということであり、さらに言えば「オレは具体的にどんなストレッチをやるべきなのか?」ということなのだ。

 いや、わかってる。わかってるよ。「なんにでも簡単に答えを求めようとするんじゃねえよこのゆとりクソバカ野郎が」って言いたいんでしょ? って、そこまで言わなくていいじゃんか。

 わかってるよ。「必要なストレッチはその人によって違う」とかそれらしいことを言いたいんでしょ。あるいは「そもそもストレッチの有効性について、はっきりしたエビデンスは存在しない。なぜならそれほどスポーツ科学は複雑で総合的だからだ」とか優等生みたいなこと言いたいんでしょ。

 僕は、だね。実際にストレッチというものにどのように取り組むべきかという問題について考えているんだよ。そういう正論はもっと別のところでやってくれ。

 

 と、存在しない人と会話するみたいな分裂気味の文章を書いていたら、ふと「スポーツジムとかに行って専門家の意見を仰ぐのが一番早いんじゃね?」という意見が脳内より湧出した。

 正論であるだけでなく、実際的でもある。

 でもお金も無いしめんどくさいしなぁ。こういうとき、面白系のWebライターだったら実際に取材に行ったりするんだろうなぁ。

 でもアレだよね。こういうのって、結局のところ、実際にやって確かめるのが一番早かったりするんだよね。うーん、普通。やっぱり普通が一番なのか? 普通って言うな!

 

 というわけで今後しばらくストレッチを習慣にしようと心に決める。本当に続くかどうかはわからないが。とりあえず前屈あたりから始めればいいのかな?